「お座り」のトレーニング

「お座り」は全てのしつけの基本となる動作です。どんなしつけを行うときも、必ず「お座り」で始まって、「お座り」で終わります。座る姿勢は犬の気持ちを落ち着かせます。散歩に出かける前や、他の犬に出会って興奮している犬も「お座り」の指示で腰を下ろせるようになれば、高ぶった気分を静めることができます。場所をとらないので、毎日の食餌前や散歩前に繰り返しましょう。

姿勢をしっかりおびえさせることがポイントです。座っても腰が浮いていたり、腰を動かしているようではいけません。お尻を完全に地面に着けて動かないのが正しい姿勢です。これがマスターできなければ「お座り」の指示で座っても、すぐに動いてしまいます。

【おやつを使って教えよう】

1、犬に引き綱をつけて、片手で引き綱を持ちます。もう一方の手におやつを持って、犬の気を引きます。
2、犬がおやつに集中したら、鼻先におやつを持っていきます。徐々におやつを持った手を上に上げます。
3、顔を上げると重心は後ろに移動します。犬が目線を上げたら、軽くお尻を押してやると犬は腰を下ろします。

【引き綱を使って教えよう】

1、犬に引き綱をつけます。引き綱は右手で持ちます。犬が近くに来るように引き綱は短く持ちます。
2、「お座り」と声を掛けながら、引き綱を上に向かって引き上げ、片手で犬の腰を下に押します。
3、犬がきちんと座ったら、背中などをなでて、思いっきり褒めてあげましょう。
4、褒めた後に、犬を連れて歩き、少し進んだら止まって1・2の動作を行います。2,3回繰り返しましょう。