「伏せ」のトレーニング

犬と一緒に外出する時にぜひマスターしておきたいのが「伏せ」です。足を折り、おなかを地面につける「伏せ」の姿勢は、犬にとって飼い主からの支持街のポーズ。長時間休ませる時や、待たせるときに「伏せ」をさせましょう。

マスターすると散歩の途中、カフェのテラスや公園のベンチで愛犬とくつろいだひと時が過ごせます。また、相手よりも低い姿勢になる「伏せ」は信頼している相手の前でしか取らないポーズです。「伏せ」をマスターしているのは愛犬が飼い主を信頼している印となります。

完全にお腹を地面につけるようになるまで、根気よく練習を繰り返しましょう。

【「伏せ」の形を覚えさせます】

1、犬に引き綱をつける。「お座り」の指示を出し、犬の正面に立ちます。
2、しゃがんで、両手で犬の両前足を握ります。
3、「伏せ」と言いながら、持った前足を手前に引いて、犬をうつぶせにさせます。
4、おなかを地面に着けて「伏せ」の姿勢がとれたら、片手で犬の両前足を動かないように押さえ、もう一方の手で背中をなでながら褒めます。

【おやつを使って教えます】

1、引き綱を短く持って犬を座らせます。犬の名前を呼び、おやつを犬の斜め上にかざします。
2、おやつをそのまま下に、犬の目の前に下ろします。犬が立ち上がらないように、引き綱は犬の後ろで引きます。
3、犬が前に乗り出す姿勢をとるように、おやつを少しずつ犬から離していきます。
4、おやつを前に動かしながら地面に近づけ、「伏せ」と声を掛け、しゃがみます。引き綱を下に降ろして、犬が伏せるように導きます。
5、犬が伏せの姿勢を取ったら、背中をなでながら押さえます。その姿勢がしばらく保てたら、おやつを与えて褒めてあげます。