「待て」のトレーニング

犬が何かを追いかけて走り出そうとしたとき、食べ物を前に落ち着かなくなったとき、知らない人に吠えたとき、あらゆる場面で犬をコントロールするのが「待て」です。この指示一つで何をしていても犬の動きを止めてそのままの姿勢で待たせることが出来ます、

我慢を必要とする「待て」は一般的に犬にとって難しい課題ですが、忍耐力の強い柴犬にはそれほど難しいしつけではないはずです。

訓練は@引き綱をつけて目を合わせたままA引き綱をつけて目を合わさずにB引き綱を着けない状態で、の3段階で進めます。最初は短い時間と距離から始め、慣れれば時間、距離とも伸ばしていきます。

【横で待たせます】
1、犬に引き綱を着けて、横に立ちます。それから「お座り」と声をかけて座らせます。
2、犬の顔の前に手のひらをかざし、「待て」と指示を与えます。
3、例え2,3秒でも動かずにいられたら、なでたりおやつを与えたりして褒めてあげます。だんだん時間を長くしていきましょう。

【正面に立ち、後ろに下がります】
1、犬に引き綱を着けて、正面に立ちます。
2、犬が座ったら「待て」と声を掛けて、後ろに一歩、引き綱がぴんと張る位置まで下がります。犬が動かなかったら、戻って褒めてあげます。
3、引き綱を伸ばしながら、徐々に後ろに下がります。下がりながら「待て」と声をかけます
4、引き綱の長さ一杯まで後ろに下がり、「待て」と声を掛けて数秒間待たせます。
5、犬がじっとしていたら、戻って思いっきり褒めてあげましょう。

【目を合わせなくても待てるように、待たせて飼い主が回ります】
1、犬に引き綱を着けて座らせます。引き綱の長さだけ離れ、手のひらを前に出して「待て」の指示を出します。
2、引き綱を持って向かい合ったまま、犬と目を合わせながら円を描くように右回りに回ります。
3、ゆっくりと右に歩き、犬が動きそうな様子を見せたら「待て」と声を掛けます。
4、犬の後ろへ回ります。飼い主が見えなくて不安になった犬が動きやすい位置です。失敗しないように「待て」と声を掛けます。
5、一回りしたら今度は逆回りで同じ訓練を行います。

【引き綱を放します】
1、犬に引き綱をつけて座らせます。対面したまま「待て」と声を掛けて、さりげなく引き綱を落とします。
2、犬を見ながら下がります。待っていることができれば、離れる距離をだんだん長くします。
3、2ができたら、引き綱を最初から落として、座らせ「待て」と指示します。
4、自由に動ける状態でも待っていられるかを試すため、そのまま背中を向けて歩きます。