「あとへ」のトレーニング

「あとへ」は、犬が飼い主の左側について歩くようにするためのしつけです。柴犬は小さな体に似合わず力持ちですが、人について、同じ速度で歩くようにしつけておけば、散歩のときに引っ張られる心配はありません。

また、ケンカをしそうな犬が前から歩いてきたとき、食べ物が道に落ちていたとき、交通量の多い道路などでも、飼い主の左側につかせることで、トラブルを事前に防ぐことができます。

「あとへ」のしつけは、飼い主がどの方向に行っても、犬がきちんと飼い主についてくるかどうかがポイント。最初は、おやつをご褒美に使って犬を誘導します。慣れてきたら引き綱で。最後には「あとへ」の言葉だけで、犬が従うようになるまで練習します。

【壁を利用してのトレーニング方法】

「あとへ」のトレーニングに慣れないうちは、どうしても飼い主の左側から離れてしまいがち。そんなときは、壁かフェンスに沿って練習をしましょう。自分の左側に犬をつけ、犬が自分とフェンスの間に入るようにして歩けば、犬は仕方なく左側を歩きます。時々「あとへ」の声を掛けるのを忘れずに。