引っ張らないようにトレーニング

引き綱を付けて歩いているときに、飼い主と違う方向へ行こうとしたり、早く進もうとしたりして、飼い主を引っ張ってしまうのも問題行動のひとつです。

犬が引っ張るという行動に出るのは、服従訓練が充分ではない証拠。犬は自分がリーダーで、飼い主は自分の後ろについてくる子分だと考えているのです。

また、犬が自分で好きな方向へ行くクセをそのままにしておくと、自転車や猫などを追いかけて車道に飛び出したり、引き綱を持った飼い主を転倒させるなど、事故の原因にもなります。

犬と楽しく散歩するには、犬が飼い主の行きたい方向に進み、飼い主と同じ速度で歩くことが大切。しつけのためにも安全のためにも「あとへ」のトレーニングを行いましょう。