毎日1回のお手入れタイム

柴犬は短毛で汚れにくい犬種ですが、室内で飼っている場合はもちろん、屋外で飼っている犬にもお手入れはかかせません。お手入れには4つの効果があります。

一つは、愛犬の健康管理。汚れや抜け毛、寄生虫などを取り除いて清潔で健康な体を保つだけではなく、取り除いて清潔で健康な体を保つだけではなく、丹念に全身を触ることで、腫瘍や肥満などの体の異常をいち早く察知することができます。

二つ目は、柴犬らしいキリリとした美しさを保つこと。ブラッシングやシャンプーは、柴犬に多い抜け毛を取り去ってボディーラインを引き締め、毛ヅヤや発毛をよくします。

三つ目は事故防止。とくに室内で飼っている場合は、爪や肉球の間の毛が伸びていると、滑ったりひっかかったりする原因になってしまいます。

最後はスキンシップです。全身をさわることによって飼い主への服従心と信頼関係が生まれます。お手入れの手間が他犬種に比べると、ぐっとシンプルなことも柴犬の魅力。毎日お手入れしましょう。

【器官別、お手入れのポイント】

目:目やに、涙、目が赤くないかチェック
耳:耳垢、毛、臭いがあるかをチェック
尻尾:寄生虫がついていないか、毛が抜けていないかをチェック
歯:臭いがあるか、歯茎の色、ただれていないか、歯が抜けていないかをチェック
肉球:切れていないか、寄生虫がついていないか、間の毛が伸びていないかをチェック
爪:伸びていないかをチェック
被毛:抜けていないか、パサパサしていないか、臭いがあるか、ノミ、ダニのチェック
肛門:周囲の毛の汚れ、寄生虫、腫れ、臭いがあるかをチェック