歯のお手入れ

柴犬のルーツは猟犬です。遺伝的には強い顎と丈夫な歯を持った犬種ですが、長寿化と食生活の変化に伴って歯周病や口臭など歯に関するトラブルを持った犬も増えてきました。

丈夫で美しい歯を維持する方法は、歯を磨いて歯垢や歯石をとってあげることです。歯についた食べカスに細菌が増殖した歯垢を放っておくと歯と歯茎が変色し、歯肉炎、歯槽膿漏、歯周炎を引き起こします。進行すると歯を抜かなければなりません。

子犬の頃から、口の中のチェックと歯磨きの習慣をつけましょう。歯磨きには主に、ガーゼを使う方法、歯ブラシを使う方法、爪で削る方法があります、

また、歯石や歯垢を落とす効果のある固いドッグフードや歯磨き替わりになるおやつ、おもちゃ、ガムなどもオススメです。

【ガーゼを使う場合】
歯磨きに慣れない場合は、指に巻いたガーゼで歯と歯茎をやさしくマッサージするように拭くことからスタート。片手で犬の唇を持ち上げ、歯と歯茎をまんべんなくこすります。

【爪で削る場合】
歯磨きで取れない歯石(歯の表面に付着し、茶色くなる)でも。爪で引っ掛けてはがすことができます。見て、または触って歯石を発見したら、歯と歯茎の境目から歯の先に向かって爪で引っ掛けてはがします。取れない場合は獣医師に相談を。

【歯ブラシを使う方法】
順番に前歯、奥歯、歯の裏側を丁寧に磨きます。歯ブラシは犬用のまたは人間の幼児用のものを使い、口を軽く押さえてやると磨き易くなります。