尻尾のお手入れ

被毛の短い柴犬ですが、お尻の周りはウンチやおしっこがついていてどうしても汚れてしまいます、中でも肛門の周りの毛にこびりついたウンチは拭いただけでは完全に落ちず、そのままにしておくと毛がくっついて固まってしまうことも。

付着した排泄物は見た目が汚いだけではなく、皮膚病などの原因になってしまうこともあります。愛犬にはいつもキレイでいて欲しいもの。肛門の周りの毛はハサミを使って、汚れがつきにくいように短くカットしましょう。尻尾を持ち上げて犬が動かないように押さえ、小さめのハサミを使って肛門にかかった毛を短く切りそろえます。

肛門の両脇には肛門のうというくさい分泌液がたまるふくろがあります。この分泌液はたまると外にもれだしてくるだけではなく、たまったままだと炎症を起こすこともあります。シャンプーの際にしぼっておきましょう。

【肛門のうの絞りかた】

シャンプーの時、全身にお湯をかけたら、まず肛門のうを絞ります。左手で尻尾を持ち背中の方に引いて肛門を広げ、校門の斜め下の左右にある肛門のうにそれぞれ親指と人差し指を当て、押し上げるようにして絞ります。液がでなくなるまで繰り返します。