食餌について

食餌が子犬の成長を支えます。

犬を飼う時には役所に届出をする必要があります。役所に行き畜犬登録をして、毎年、狂犬病の予防注射を受けることが狂犬病予防法で義務付けられています。

それまで食べていた食事の内容を変える場合は、今までの食餌に少しずつ新しいものを混ぜ、一週間から10日くらいかけて少しずつ変化を与え慣れさせてから徐々に切り替えるようにします。

子犬はとても成長が早く、成犬よりも多くのたんぱく質やカルシウムが必要です。ドッグフードは子犬用のものを与えます。犬用のミルクや水でふやかしてもよいでしょう。

食餌の回数は1日3〜5回くらい。少し物足りなさそうなくらいが適量です。新鮮な水をたっぷりあげるのも忘れずにしましょう。