ジステンパー

【病名】:ジステンパー

【病原体】:ジステンパーウィルス

【症状】:

初期は発熱や食欲不振。抵抗力が弱い場合は熱が下がった後に二次感染を起こし、発熱、食欲不振に加え、脱水症状、鼻水、せき、嘔吐、下痢、粘液便などの症状があらわれます。

進行すると脳が冒され、てんかんを起こしたり、やたらに興奮するようになります。

【治療】:

サルファ剤や抗生物質などで細菌による二次感染を防ぎながら、各症状に合わせた薬で治療します。ジステンパーにかかりやすいのは、抵抗力の弱い生後1年未満の子犬と、老犬です。

二次感染を起こす前の初期症状を見逃さず、異変を感じたらすぐに動物病院へ。

【予防】:

感染した犬のくしゃみ、使っていたもの、ふれあいで感染する非常に伝染力の強いウィルスです。複数の犬を飼っている場合は、感染犬を隔離し、感染犬の使っていたものは処分します。

予防にはワクチンが有効なので、一年に一度は予防接種を受けましょう。