伝染性咽頭気管炎

【病名】:
伝染性咽頭気管炎

【病原体】:
アデノウィルス2型

【症状】:

肺炎、扁桃腺炎などの呼吸障害を起こします。扁桃腺が腫れ、せきが頻繁に出て肺炎や呼吸障害を起こします。熱と鼻水が出て、口腔内が充血し、点状の出血が見られることもあります。成犬なら致死率は低い病気ですが、子犬にとっては命にかかわります。

【治療】:

抗生物質を与え、二次感染を防ぎます。各症状に合わせた治療や、衰えた体力を回復させるための点滴も必要です。

【予防】:
アデノウィルス2型は感染した犬の便や、尿、唾液に触れて伝染します。できるだけ、他の犬の排泄物には触れないように心がけましょう。

特に、子犬の間は気をつけて。なお、予防接種をしておけば、感染は防げます。