パラインフルエンザ(ケンネルコフ)

【病名】:
パラインフルエンザ(ケンネルコフ)

【病原体】:
パラインンフルエンザウィルス
アデノウィルス
細菌
マイスプラズマ など

【症状】:

短い乾いたせきをします。運動の後や気温差の大きいときには、せきが激しくなります。軽症ならせきと微熱程度で治ってしまいますが、重症の場合は高熱、膿のような鼻水、食欲不振などの症状が出ます。悪化すると肺炎になることもあります。

【治療】:

原因が細菌やマイコプラズマの場合は抗生物質で治療します。薬は吸入器で気管支を広げる気管支拡張剤と一緒に吸入させると、口からの投薬や注射より効果的です。ウィルスが原因の場合はせきを鎮める薬で治します。

【予防】:

感染した犬のせきやくしゃみからうつります。ケンネル(犬舎)コフの別名をもつように、犬の多い場所で発生しやすい病気です。感染しやすいのは、抵抗力が弱い子犬や老犬。公園などの犬の集まる場所に行く機会の多い犬は、ワクチン接種を。