コロナウイルス性腸炎

【病名】:
コロナウイルス性腸炎

【病原体】:
コロナウイルス

【症状】:
急激に食欲が落ち、下痢と嘔吐を始めます。下痢は悪化すると水のような便になり血便になることもあります。下痢と嘔吐で脱水症状を起こします。抵抗力のある成犬は多くが感染しても発症しませんが、子犬は一般的に重い症状が出ます。

【治療】:
脱水症状を治めるために輸液をおこない、下痢や嘔吐の治療薬を投与します。また、抗生物質で、二次感染を防ぎます。パルボウイルスと混合感染することも多いので、パルボウイルスに対する治療も同時におこないます。

【予防】:
ワクチン接種で予防できます。コロナウイルスは強い感染力を持っていて、感染した犬の便や嘔吐物、食器などを通じて口から感染します。犬舎や犬の環境を清潔に保ち、子犬の間は、他の犬の便や嘔吐物にふれさせないよう注意。