回虫症

回虫症

回虫にはイヌ回虫とイヌ小回虫のふたつの種類があり、どちらも感染源は犬の便です。汚染された便に口をつけると、そこから回虫の卵が入って小腸でふ化し、イヌ回虫は気管、または全身に移ります。イヌ小回虫は腸壁に侵入した後に腸内に戻ります。回虫はほとんどの犬に寄生しています。数が少ないうちは犬の体に影響は与えませんが、増えてくると食欲不振や腹痛などの症状をおこします。吐いたものや便に回虫が混じっていて、飼い主が感染に気づくこともあります。

【回虫症の治療】
獣医師に駆除薬を処方してもらい、寄生虫が体内から一掃されるまで薬を飲ませます。

【予防のポイント】
感染した犬が自分の便に口をつけると再び卵が口に入ります。便はすばやくかたづけ、犬舎を清潔に保ちましょう

【回虫症に見られる症状】
食欲がなくなる
回虫・食べたものを吐く
やせる
粘り気のある下痢便をする

【回虫に感染するサイクル】
回虫の卵が体内に入る→便に混じって、回虫の卵が放出される→全身を回る→小腸でふ化する